一回しなかっただけなのに

この年になってしまったら洗顔がいくら大切かということを痛感させられることがありました。
その日は何だか全部がめんどくさくて、サボりたくなって洗顔を一回だけやらなかったんです。
そしたら次の日、鏡で見た自分の顔はありえないほどボロボロに。

たった一回サボっただけなのに。たった一回泡を顔に当てなかっただけなのに。こんなことになるなんて思いもよりませんでしたよ。
やはり続けることが何より大切というか、少しサボるだけでボロの出る体になってしまったというか。
何だか悲しくなりましたね。二度とサボらないというか、怖くて意地でもサボれないですよね。
でも少しだけ思ったのが私が使ってる洗顔料がものすごく私に合ってるもので、今のこの肌の状況を維持してる事自体凄いことなのかもしれないですよね。