冬時期らしいような風と外気

一月も中旬すぎて漸く気分などが落着いたと思えます。
そんな週末ですが気温は低いらしく、外ではピューなんて風音をさせながら冬の木枯らしが吹いていました。

三が日は穏やかだったけれど長期予報みたいに寒い冬だろうと思い、それからをすごしてみるとその寒さをカバーするかのような温暖な日々。
一週間ちょっとはそんなお天気でも冬というもの、この週末みたいな日のほうが季節感があるのかもなんて思ったりして。
冬らしい一日は昼すませてから夕食の献立を考える、こういう寒さがなごむ様であったかい煮物など、湯気が小鉢や深めの器から香るのも味や風味というもので。
冬野菜やお肉の在りあわせでお鍋、そんなのもギュッと寒い日なら気持ちまで温かになりそうでいいですね。