ジバニャンは可愛いです

去年から大人気の「妖怪ウォッチ」ですが、はやりものには疎いおばさんなので、あまりよく分からないでいました。
息子が妖怪ウォッチのキャラクターの絵のついたお菓子を買ってきてくれて、「この猫のキャラクターがジバニャンって言って、ポケモンのピカチュウみたいな存在なんだけど」
と、教えてくれました。
「地縛霊だからジバニャンって言うんだよ。」
と、初めて知りました。
続きを読む “ジバニャンは可愛いです”

庭のない新築の家が多いです

このごろ、近所を歩いていて、新しい家の建築現場が2カ所ぐらいあるのですが、そのどちらも、もとは1軒だけ家が建っていた土地のあとに、2軒か3軒の家を建てています。
以前も、古い一軒家がなくなったと思ったら、そこの土地に、なんと3軒の新しい家がきちきちに建てられて、ちゃんと人が住むようになりました。
もとの古い家には、庭というものがありました。
続きを読む “庭のない新築の家が多いです”

下町ばうむくーへんが美味しかったです

今日はずっと冷たい雨が降っていましたが、息子は会社の研修で東京の大塚まで行っていました。
うちのある神奈川県のほうから見ると東京としては一番遠いほうですね。
朝5時台に起きて、大塚まで出勤していきました。
8時すぎに帰宅しましたが、お土産だと言って、「下町ばうむくーへん」という、バウムクーヘンに抹茶をかけたようなお菓子を買ってきてくれました。
甘過ぎなくておいしかったです。 続きを読む “下町ばうむくーへんが美味しかったです”

猫とストーブ、その関係

当方には老猫が一匹います。16歳です。メスです。とっても寒がりです。そして、ストーブが大好きです。(それは人間も同じですね)
きょうも今朝一番にストーブが付いてからその前をぴたっと離れません。
ちょっと用事があって部屋を離れるのでストーブを消すんですけど、離れません。ストーブの前にさえいれば・・・もうストーブに確信と信仰を表しちゃってます。
その姿が可愛くて仕方ありません。
あれ?おかしいな、なんかいつもと違う、寒い、でも必ず、必ずあの温かさはくるはずだ!みたいな表情がたまりません。 続きを読む “猫とストーブ、その関係”

冬の日の残念なあるある

こんな冬の寒い時期にほとんどの家庭であるのではないかと思うあるあるなんですが。
我が家には防寒器具として灯油ストーブがあります。電熱ストーブもあるのはあるんですが、電熱ストーブはありえないほど電気代をくいますからね。
ということで我が家の寒い冬を乗り越える主流になるのが灯油ストーブです。
続きを読む “冬の日の残念なあるある”

我が家に犬がきました

昨年ネットで知り合ったボランティアさんを通じて、1月上旬に保健所から引き出した中型犬2匹が我が家の一員になりました。猫6匹、犬2匹の大所帯で毎日にぎやかです。年末からボランティアさんたちと電話連絡やメールでのやり取り、犬舎やフードの用意といつもより忙しい年末年始を過ごしました。
続きを読む “我が家に犬がきました”

冬時期らしいような風と外気

一月も中旬すぎて漸く気分などが落着いたと思えます。
そんな週末ですが気温は低いらしく、外ではピューなんて風音をさせながら冬の木枯らしが吹いていました。

三が日は穏やかだったけれど長期予報みたいに寒い冬だろうと思い、それからをすごしてみるとその寒さをカバーするかのような温暖な日々。 続きを読む “冬時期らしいような風と外気”

阪神大震災から20年

あの阪神大震災から、もう20年がたったことになります。
1995年・・・あの年には、オウムの事件だとか、とてもいろいろなことがありました。
当時は私は川崎に住んでいて、子供たちがまだ小さく、子育てで大変だったのですが、あの日のニュースの衝撃は大きかったです。
最初のころは被害者や死者の数は少なく報道されていたのに、どんどん多くなって、とうとう5000人を越えた時には、ちょっと現実離れして見えました。 続きを読む “阪神大震災から20年”

こないだは髪の毛を切り過ぎました

12月に久しぶりに美容院に行って、思い切ってバッサリと15センチぐらい髪の毛を切ってもらったのですが、頭がとても軽くなったのはいいのですけど、やっぱり寒いと思いました。
時期的に、これから寒くなるというタイミングで15センチも切るというのはやはりちょっと無謀だったかもしれません。
続きを読む “こないだは髪の毛を切り過ぎました”

食べ物の好みは変わる

いつ頃からだろうか、好みの食べ物が変わってきた。
年をとって食べれるようになったという事はよくある、粕ずけやいずしなどちょっと臭いや癖のあるものはなぜか大人になってその美味しさが解る事が多い。
小さな頃はどうしてあんなものを食べているのだと思っていたはずなのに、どうしてだろう。
続きを読む “食べ物の好みは変わる”